本当に好きな人が知りたい! 恋愛と男友達の違い・条件を解説

あなたには「本当に好きな人」がいますか? 好きな男性がいない人は、恋愛の仕方がわからない、どんな男性が好みなのかわからない人もいるかもしれません。

そこで今回は、本当に好きな人がわかる方法、男友達との違いを紹介します。恋愛が億劫な人も、少しずつ好きな男性のタイプをイメージしてみましょう♡

 

本当に好きな人

Instagram@pinom___

 

本当に好きな人がわかる方法! あなたが異性に求めている条件とは

好きになる男性のタイプがわからない、どのような男性を好きになればいいのかわからない女性もいるでしょう。そのようなときは、下記を参考にしてみてください。

 

好みの異性の身長・体型・雰囲気を想像してみる

彼氏が欲しいと思ったとき、好みの男性をイメージしやすいのが容姿です。

・好きな芸能人に似た顔の男性
・自分より身長が高い人
・おしゃれな人

など、好きな男性の特徴を想像してみてください。容姿が想像できれば、なんとなく好みの性格も見えてくるかもしれません。

 

苦手なタイプ・特徴も考えてみよう

好きな男性のタイプがあれば、嫌な部分もあるはずです。ネガティブではありますが、本当に好きな人を見つけるために、苦手なタイプも考えておきましょう。

・お金遣いが荒い人
・清潔感がない人
・頻繁に会いたいから休みが合わない人は難しい

このように考えると、自分が望む男性の条件を細かく決められます。

 

絶対に譲れない条件とは

好みのタイプと苦手なタイプの中で、絶対に譲れない条件を数個ピックアップしてみてください。譲れない条件を軸にすると、好きな人が見つけやすいのです。

たとえば、身長170cm以上、価値観が合うことは絶対に譲れない、と決めてみましょう。すると、男性と出会い話すうちに「この人は好き、この人は条件に合わない」とふるいをかけられ、本当に好きな人が見極められます。

 

将来結婚を視野に入れているか

恋愛と結婚では、求める男性の条件が異なる人もいます。あなたが、付き合った相手と結婚したいのか、結婚予定はないけど彼氏は欲しいのかによって、本当に好きな人の条件が変わるはずです。

結婚を視野に入れるなら、長く一緒に暮らしていくことがポイントになります。結婚をしないのであれば、見た目の好みやフィーリングだけで決めることもいいかもしれません。

 

本当に好きな人と男友達の違い

同じ男性でも、好きな人と男友達では大きな違いがあります。5つの具体的な違いを見ていきましょう。

 

①自分を犠牲にできるか

自分を犠牲にするとは、相手に何かあったとき、自分を差し置いてでもその人を助けたり寄り添ったりすることです。自分よりも相手を優先することでもあり、信頼関係がある、深い愛情をもって接している相手にしかできないことといえます。

彼に何かあったとき、自分を犠牲にしてでも助けられると思える男性なら、友達ではなく本当に好きな人である可能性が高いです。

 

②一緒にいるとドキドキする

本当に好きな人と男友達の大きな違いは、恋愛感情の有無です。一緒にいると、ドキドキして顔を見られない人……。

このドキドキ感こそが、本当に好きな人にしか湧かない感情。LINE一通を送るようなささいなことさえも、緊張してしまうことが恋の特徴です。

 

③長所も短所も受け入れられる

それほど親しくない友達だと短所はなかなか受け入れづらく、徐々に距離を置いてしまいます。

本当に好きな人であれば長所に目にいくことが多く、短所でさえも受け入れられ、自分がカバーできることはしていこうと思うのです。

いいところも悪いところもひっくるめて、その人が好きだと思えるときは、本当に好きな人といえるでしょう。

 

④ほかの女性といると嫉妬する

嫉妬という感情は、相手に自分だけを見ていてほしい思いから生まれます。男性が別の女性と話しているとき、胸がざわつく、どのような仲なのか気になるときは、嫉妬心が芽生え始めたときの特徴です。

同時に恋愛感情も少しずつ生まれており、友達から本当に好きな人へと変化しているかもしれません。

 

⑤スキンシップで緊張する

スキンシップは、男女の仲を深めたり好意を伝えたりできます。スキンシップに緊張してしまうのは、相手が本当に好きな人だから。これが恋といえるでしょう。

 

本当に好きな人とは結婚できないって本当?

「本当に好きな異性とは結婚できない」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。本当に好きな人と結婚できないとされるのは、なぜなのでしょうか?

 

本当に好きな人がどのような相手かによる

極端な例ですが「本当に好きな人」が、芸能人など出会うきっかけがほとんどない相手や既婚者の場合、結婚までたどり着く可能性は限りなく低いでしょう。この場合、本当に好きな人であっても、結婚できない・付き合えませんよね。

しかし、憧れるほどに好きな相手よりも、現実的で身近な存在の男性のほうが、幸せな家庭を築くケースもあります。将来的に考えると、本当に好きな人ではなく、人生の中で2番目に好きな人と結婚しても、あなた自身が幸せになれる可能性は十分あります。

 

本当に好きな人と付き合うと減点方式になるかも

心の底から憧れていた男性と付き合うと、付き合い始めたときや結婚をしたときが幸せのピークになる人もいます。

スタート地点がピークだと、長く一緒にいるうちに「こんな人だったんだ」と予想外のポイントが見えてくることもあります。本当に好きだった人と付き合うと、憧れていた期間が長いぶん、このように減点方式で好意が薄れていくことも。

「本当に好きな人とは結婚できない」というより、結婚しないまま憧れているだけでよかったという結果論もあるでしょう。

 

本当に好きな人ができないときはどうすべき?

恋をしたくても本当に好きな人と出会えない、人を好きになれない……。このような悩みを抱える女性もいるかもしれません。すぐに好きな人ができなくても、以下の3つを頭に入れておきましょう。

 

好きな人がいなくてもおかしいことではない

世の中では、結婚は女の幸せ、恋愛は人生を豊かにするなどといわれることもありますが、幸せや豊かさは人それぞれ。手段は違えど、幸せをつかむチャンスは誰にでもあります。

好きな人がいないと、周囲からは「恋愛をするべき」「つまらない」と言われることもありますが気にしなくてもいいのです。

早めに結婚・出産したいなど計画がない限りは、マイペースでいてもよいでしょう。

 

積極的に出会いの場に参加する

彼氏が欲しい、結婚したいと思うのであれば、積極的に男性と出会える場所へ行ってみてください。街コンや婚活パーティーなら、プロフィールを見ながら男性と1対1で話せてLINE交換もできます。意外と素敵な出会いがあるかもしれませんよ。

自分から行動をしていないのに男性が寄ってくる、告白されることはありません。恋愛に慣れていないと少し恥ずかしいかもしれませんが、勇気を出してがんばって♡

 

友達の恋愛エピソードを聞く

恋愛によいイメージがない、メリットがないと感じるときは、友達の恋愛エピソードを聞いて、恋愛に憧れを抱くだけでもよいでしょう。

楽しいデートや一緒にいてよかったこと、友達の幸せそうな顔を見ると、恋愛に対して少しずつポジティブになれるかもしれません!

 

まずは本当に好きな人をイメージすることから始めよう

恋愛を始める前に、どのような人が好きかをイメージするところから始めてみてください。好きな人を想像しながら出会いの場へ行くと、本当に好きな人と巡り合える確率がアップするでしょう。

しかし、周囲から急かされて無理に恋愛をする必要はありません。あなたが恋愛を通して幸せになりたいと感じたときには、前向きに行動してくださいね♡

Text_Ayumi