最高の美容医療はずが、効果が台無しに…【敏感肌のうっかり事件簿3選】

自分の肌が敏感肌だと知っているからこそ過保護になりすぎたり、自己流でケアしたり。そんな私の“うっかり事件簿”をお届けします。

◆あわせて読みたい

「ひどい肌荒れ、どうしよう!?」を1本で解決してくれる最強の美容液4選

最高の美容医療のはずが…先生の言うことを聞かず効果が台無しに

【ほくろ取りを秋に実施 紫外線が強烈で対策が大変】

「秋なら大丈夫?と思ったものの、夏の続きの紫外線を甘くみていました……。秋晴れ続きでサンバリアのマスク、自転車の時も帽子をかぶって徹底対策せねばならず、無事に取れましたが……今後は時期を考慮する必要ありと痛感」

これで解決!
秋の日差しの強さは夏と同様。紫外線対策を心がけます。

M.Kさん(36歳)主婦

肌タイプ……肌がすぐ乾燥したり赤くなったりするので、保湿力の高いコスメを愛用中。

【安さだけで選んだ施術私には合わなかった……】

「頰がすぐ赤くなってしまうのが悩みで、敏感肌に効く治療をお願いしたのですが、合わなかったようで赤みが悪化……。どのドクターにお願いすべきか、きちんと調べてからにすべきでした」

これで解決!
皮膚科を受診。対症療法で腫れをおさえる薬をもらって鎮静化。クリニックを新規開拓中。

C.Kさん(41歳)会社員

肌タイプ……気温や小さな刺激でも、すぐ頰が赤くなってしまう敏感肌。赤みとくすみが気になる。

【冬のシミ取り後スキーでゲレンデに。シミ復活】

「肌がゆらぐ時期はメイクがのらなくなるほどの敏感肌なので、シミ取りは慎重に冬場に。そこまではよかったが、シミを取った解放感でゲレンデでスキーを満喫……。案の定、シミがぶり返した」

これで解決!
時間をあけてもう一度クリニックへ行き、再度シミ取りを。冬の紫外線にも注意したい。

N.Nさん(55歳)主婦

肌タイプ……基本的には、乾燥肌。花粉の時期は特に、目元がかゆくなって真っ赤になることも。

もう二度と悲劇を繰り返さない!

解決方法は個人の感想です。また、コスメ、美容医療は容量、用法、カウンセリング等を正しく行ってください。

2024年『美ST4月号掲載
イラスト/岡田 丈 取材/遠藤麻美 編集/菊池由希子

◆あわせて読みたい

【敏感肌の人にも】肌がとびきりキレイに見えるUVコスメ

【資生堂、ポーラ…】敏感肌向け!「洗い流し不要のクレンジング」最新おすすめ4選

【敏感肌の救世主】シミ・くすみが気になったら揃えたいコスメ

美ST